002

M様邸

002

M様邸

江戸末期嘉永3年から代々守り続けられているお宅です。

趣のある玄関を入ると、大きな吹き抜けの空間が。歴史を感じさせる大きな柱と梁が、訪れる人々を包み込むかのようにそびえ立ちます。

以前は小さく仕切られていた部屋を、吹き抜けの広々空間に。リビングの中央には薪ストーブを設置し、寒い冬も断熱の効いたお部屋でゆっくりと過ごすことができます。

キッチンなどの水回りには最新の機器を揃え、より快適に。

以前から使われていた階段箪笥を磨きなおし、和室壁面に埋め込みました。

歴史と現代が融合する、重厚感ある立派なお宅に仕上がりました。

コメントを残す