凍結注意!

来週は、この冬一番の寒波襲来のようです。

そこで心配なのが、給湯器の凍結です。

 

まずは、給湯器の凍結予防について

1.リモコンの給湯温度を「水」に設定

(2005年発売のK2シリーズ以降の給湯器であれば設定可能)

2.鉛筆の芯ぐらいの太さ程度の水が出るように、お湯側の蛇口を開けておく。(1分間にコップ一杯分:200cc)

 

お風呂は、、、

浴槽のお湯を溜めたままにしておきましょう。

(循環口の約10㎝上まで)

フルオート機能が付いていれば、外気温が約3℃より低くなると

自動でふろ配管の凍結予防運転を行います。

 

凍結の破損や不具合がないように、あらかじめ対策しておきたいですね。

 

ちなみに、

凍結した場合に「お湯が出ない!」ということになったら、

給湯のお湯側の蛇口を少し開いて、凍結が解消するのを待ちましょう。

 

※注意:凍結の予防のために、漏電遮断器(電源)は切らないようにしてください。

 

それと、長時間(1ヶ月以上)使わないときや、電源を切っておくときには、

凍結による配管等の破損防止のため、取扱説明書に従って、“水抜き”を行ってください。

Download (PDF, 2.66MB)

事前の対策を行って、寒い冬を乗り切りましょう!

コメントを残す