『リフォーム』と『リノベーション』の違いとは・・・

最近雑誌やテレビでよく耳にする『リノベーション』という言葉。

中古物件を購入し自分好みの家にリノベーションしたり、マンションの一室を大掛かりなリノベーションで全く違う間取り・空間に仕上げたり、デザイナーさんとコラボしお洒落な空間を作ったり・・・と事例は様々ですが、そもそも『リフォーム』と『リノベーション』はどう違うのでしょうか?

『リフォーム』は、現状回復をベースとした『修復』のこと。例えば、古くなったキッチンを新品に取り換えたり、汚れたクロスを張り替えたりするのは「リフォーム」にあたります。

『リノベーション』は、リフォームの役割に「安心・安全」と「付加価値」を付け加えた『再生』のこと。「検査」によって建物の安全を確認・把握しておくことにより、後々の不具合による緊急事態が避けられます。「リノベーション」にはデザインによる付加価値の創造と、建物自体の安全性を再構築する2つの要素が必要になってきます。モノを大切にし、後世に受け継いでいくという観点からも、リノベーションは有効な手段であるといえます。

 

リファイン駅家では新築、リフォームだけではなく、リノベーションや古民家再生も行っています。

<最近行ったリノベーション一部例>

壁付けキッチンから対面式のキッチンへ→家事効率も上がり、家族のコミュニケーションもUP!!

 

 


収納のなかった和室を一面収納スペースに→お部屋に溢れていた物も全てすっきり収納!!

 

 

キッチンと和室を仕切っていた壁を抜き、ひとつの空間へ→スタイリッシュでお洒落なご夫婦にぴったりの空間へ

 

 


古民家再生→しっとり和風の落ち着いた空間に

 

 

リファイン駅家では、そのお家そのお家にあったプランをお客様と一緒に考え、ご提案いたします。ご興味のある方、お住まいの診断をご希望の方、是非お気軽にリファイン駅家へお問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す